SponsoredLink

東洋のフルコース、韓国の宮廷料理

日本でもヒットした韓国ドラマ「チャングムの誓い」。

日本人には真新しい韓国の宮廷料理が続々と登場し、話題となりましたよね。

今では、韓国宮廷料理の本も多く発売され、更なる注目を集めています。

韓国宮廷料理は、正式には宮廷韓定食といいます。

各地から集められた、米・野菜・肉・魚などを王様のために調理し出されたのがルーツと言われています。

今でいう、究極のセレブ食でしょうか(笑)


この韓国宮廷料理は「五味五色」が基本とされています。

塩味、甘味、辛味、酸味、苦味の五味と、赤、緑、黄、白、黒の五色。

これを基本とすることで、栄養バランスのとれた最高の料理が出来上がるわけですね。
味付けも、辛さは意外と控えめで食べやすくなっています。

韓国料理は辛いから苦手…という人でも、チャレンジしやすい韓国料理といえます。


ちなみに、韓国宮廷料理は、10〜30種類もの料理が出されます!

前菜に始まり、魚、肉料理、鍋、そしてご飯、汁物、締めにデザートとお茶。

これは、まさに東洋のフルコース!!!

その昔、王様のために作られていたというのも、納得ですね。

ちょっと手が出ないような感じもしますが、実際、韓国宮廷料理の専門店では、価格もコース、品数も色々と取り揃えてあります。

日頃はどっぷり庶民な生活をしている私でも、気楽にトライできちゃいそうです♪


韓国の宮廷料理、作ってみるもよし、食べに出掛けてみるもよし。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50675245
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。