SponsoredLink

実はソウルにはない韓国料理?!チヂミ

ご家庭で作られる方も随分と増え、手軽に楽しめる韓国料理として、しっかりと定着したチヂミ。

韓国風お好み焼きと、よく言われますよね。

チヂミは、簡単に言えば、いろんな具材を小麦粉を溶いたものに混ぜて焼いたもの。

日本のお好み焼きよりも薄くて、外はパリパリしてて中はふっくらもちもちの食感。


ニラやイカなどの魚介類や野菜を入れても美味しいし、キムチを入れて作れば、お酒のあてにはもってこい♪

混ぜるものによって、多種多彩な楽しみ方ができる韓国料理なんです。
こんなに簡単で美味しい韓国料理、チヂミ。

どうせなら、本場韓国で食べてみたいな〜…と思ってる貴方!

注意が必要ですよ!!!


実は「チヂミ」という名前、これは韓国の南東部地方の方言。

なぜだか、日本ではその名前が定着してしまったわけですが、例えばソウルなんかで「チヂミ」と言っても通じません。

だって、方言なんだもの〜。


ちなみにソウルでは、「ジョン」というそうです。

韓国一般では「プチムゲ」というそうです。

どうして日本では「チヂミ」になってしまったのか?!

謎は深まるばかり…

ま、日本にいる以上は「チヂミ」で何の問題もないわけですけど(笑)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。